Docker 環境にredisを導入

プログラミング
スポンサーリンク

Docker 環境にredisを導入

【超簡単】DockerでPostgle環境を構築
postgresql 環境をDockerで構築するこの記事を見ればDockerでPostgle環境を構築は超簡単にできます。なぜなら僕はこの作業で死ぬ程ハマったからです。笑その経験をもとにソッコーで構築する方法を紹介します。実装内容...

こちらの続きです。

1. docker-compose.ymlファイルを作成

.
この記事を参考にredisのコードを記述
https://qiita.com/bonkoturyu/items/5e7e743b359ce63767a2
.

#docker-composeのバージョン
version: "3.1"
services:
  database:
    image: postgres
    restart: always
    ports:
      - 5432:5432
    environment:
      POSTGRES_USER: 任意の値
      POSTGRES_PASSWORD: 任意の値
      ---ここから---
  redis:
    image: "redis:latest"
    ports:
      - "6379:6379"
    volumes:
      - "./data/reis:/data"
      ---ここまで---


2. docker-composeでredisを立ち上げる

コマンドはこちら
.

$ docker-compose up -d

.
立ち上がっているか確認。
コマンドはこちら
.

$ docker-compose ps

.
実行!
.

                Name                               Command               State           Ports
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
online_fitness_booking_api_database_1   docker-entrypoint.sh postgres    Up      0.0.0.0:5432->5432/tcp
online_fitness_booking_api_redis_1      docker-entrypoint.sh redis ...   Up      0.0.0.0:6379->6379/tcp

.
postgres , redis共に立ち上がりを確認できました。
.

3. redisの確認

.
redis の中身を確認するためのコマンドはこちら。
.

$ docker exec -it コンテナの名前 bash

.
今回だとこんな感じ。
.

$ docker exec -it online_fitness_booking_api_redis_1 bash

root@a40f24fd292d:/data#

.
#のあとに入力できるので
"redis-cli"コマンドでシェルを起動できます。
.

docker exec -it online_fitness_booking_api_redis_1 bash
root@a40f24fd292d:/data# redis-cli
127.0.0.1:6379>

.
こんな感じです。
この状態でredisコマンドを打つことで
色々できるみたい。
.

これから触って覚えていこう。
コマンドの参考はこちら↓
https://qiita.com/rubytomato@github/items/d66d932959d596876ab5

コメント

タイトルとURLをコピーしました